カラー「アインシュタインロマン」

これは僕が少年の頃からのスーパースターであるアインシュタインの特殊相対性理論へのオマージュである。

とても僕が生きている間には光に近い速度で地上を走りながら写真を撮る事は不可能だろう。

せめてもの可愛い挑戦として3 0 0 K mで走る新幹線から撮る事で一部の人には伝わるかもしれないというささやかな試みである。

そして、時間という存在自体が本当の正体はわからない、名前も人間が便宜上つけただけの物への実験のひとつでもある。

所 幸則

 

Einstein romance

Thi s is my homage to Einstein, my superstar since childhood, and his Special Theory of Relativity.
Sadly enough, it ’s inconceivable to photograph something while traveling at the speed of light during my lifetime.
So I thought to photograph from the Shinkansen at a velocity of 300 kph as a small consolation, with the hope that some people might be able to share this humble experiment. And at the same time, this is my challenge to the questionable principle of “time” that I believe is a fabrication made only for the sake of human convenience.

Yukinori Tokoro